コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川栖山 なかがわ せいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川栖山 なかがわ-せいざん

1825-1871 幕末-明治時代の武士,実業家。
文政8年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩家老。文久2年尊攘(そんじょう)派の処分で隠居謹慎となる。慶応4年長崎にいき,富岡(天草)県の取締役をつとめる。のち竹田物産をおこし,貿易をおこなった。明治4年4月10日死去。47歳。名は久煕。通称は土佐

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中川栖山の関連キーワード明治時代実業家武士幕末

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android