コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岡 とみおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富岡
とみおか

徳島県東部,橘地区と並ぶ阿南市の中心市街地。那賀川の南岸にある。藩政初期に阿波九城の一つ牛岐 (うしき) 城 (富岡城) の小城下町として起り,南への要地として発達した。また,那賀川を流下する筏 (いかだ) の集散地としても重要であった。富岡城跡は,城山公園として整備されている。

富岡
とみおか

熊本県南西部,苓北町北西部の旧町域。天草諸島下島北西端に位置する。1889年町制施行。1955年志岐村,坂瀬川村の 2村と合体して苓北町となる。巴崎にいだかれた天然の良港の富岡港は,長崎県の茂木との間に定期航路があり,天草陶石の積出港および漁港ともなっている。富岡城跡,富岡吉利支丹供養碑(国指定史跡)がある。一帯は雲仙天草国立公園に属し,周辺海域は富岡海域公園地区に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富岡

1950年創立の県立高校。Jヴィレッジを拠点に活動するJFA(日本サッカー協会)アカデミーなどと連携した「双葉地区教育構想」の拠点校として、2006年に国際・スポーツ科に改編した。野球部は、軟式から硬式に変更した02年から夏の大会に参加。03年と07年には準々決勝まで勝ち上がった。

(2011-07-07 朝日新聞 朝刊 福島全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とみおか【富岡】

肥後国天草郡の城下町。現在は熊本県天草郡苓北(れいほく)町の一部で,旧富岡町。1603年(慶長8)天草を加増された寺沢堅高が,当時袋浦とよばれていた地を富岡と改め,新城を築き番代その他の役人を派遣して天草統治の中心とした。37年(寛永14)10月蜂起した天草の農民は2度にわたって富岡城を攻め,城代三宅藤兵衛を戦死させたが落城させることができず,原城に拠った(島原の乱)。乱後天草を与えられた山崎家治は富岡城の修築を3年かかって完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とみおか【富岡】

群馬県南部の市。上野国一宮の貫前ぬきさき神社がある。日本最初の官営製糸工場の置かれた地。商工業が発展。
福島県中東部、双葉ふたば郡の町。浜通り中央部にあり、岩城相馬街道の旧宿駅。原子力発電所がある。
東京都江東区西部の商業地区。富岡八幡宮・深川不動尊がある。

とみおか【富岡】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕富岡(とみおか)


徳島県阿南(あなん)市の中心地区。県南の産業・文化の中心で、官公庁や文化施設が集まる。富岡町が1958年(昭和33)橘(たちばな)町と合体、阿南市となる。那賀(なか)川河口の要地を占め、戦国時代から牛岐(うしき)城(富岡城)の小城下町として発展した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富岡の言及

【苓北[町]】より

…人口9613(1995)。1955年富岡町,志岐村などが合体して苓北町となった。町名は,苓州(天草の異称)の北部に位置することにちなむ。…

※「富岡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富岡の関連キーワード群馬県富岡市妙義町下高田群馬県富岡市妙義町八木連群馬県富岡市妙義町上高田群馬県富岡市妙義町大牛群馬県富岡市妙義町菅原群馬県富岡市妙義町行沢群馬県富岡市妙義町諸戸群馬県富岡市妙義町古立熊本県天草郡苓北町富岡群馬県富岡市妙義町中里群馬県富岡市妙義町北山群馬県富岡市妙義町妙義福島県双葉郡富岡町本岡群馬県富岡市妙義町岳群馬県富岡市下高瀬群馬県富岡市下黒岩群馬県富岡市小桑原群馬県富岡市下丹生群馬県富岡市上丹生群馬県富岡市南蛇井

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富岡の関連情報