コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岡 とみおか

16件 の用語解説(富岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富岡
とみおか

徳島県東部,橘地区と並ぶ阿南市の中心市街地那賀川の南岸にある。藩政初期に阿波九城の一つ牛岐 (うしき) 城 (富岡城) の小城下町として起り,南への要地として発達した。また,那賀川を流下する筏 (いかだ) の集散地としても重要であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

富岡
とみおか

熊本県南西部,苓北町北西部の旧町域。天草諸島下島北西端に位置する。1889年町制施行。1955年志岐村,坂瀬川村の 2村と合体して苓北町となる。巴崎にいだかれた天然の良港の富岡港は,長崎県の茂木との間に定期航路があり,天草陶石の積出港および漁港ともなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富岡

1950年創立の県立高校。Jヴィレッジを拠点に活動するJFA(日本サッカー協会)アカデミーなどと連携した「双葉地区教育構想」の拠点校として、2006年に国際・スポーツ科に改編した。野球部は、軟式から硬式に変更した02年から夏の大会に参加。03年と07年には準々決勝まで勝ち上がった。

(2011-07-07 朝日新聞 朝刊 福島全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とみおか【富岡】[地名]

群馬県南部の市。日本の洋式機械製糸の発祥地。現在は製糸業にかわり電気工業が中心。平成18年(2006)3月、妙義町と合併。人口5.2万(2010)。

とみおか【富岡】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「富岡」姓の人物
富岡多恵子(とみおかたえこ)
富岡鉄斎(とみおかてっさい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とみおか【富岡】

肥後国天草郡の城下町。現在は熊本県天草郡苓北(れいほく)町の一部で,旧富岡町。1603年(慶長8)天草を加増された寺沢堅高が,当時袋浦とよばれていた地を富岡と改め,新城を築き番代その他の役人を派遣して天草統治の中心とした。37年(寛永14)10月蜂起した天草の農民は2度にわたって富岡城を攻め,城代三宅藤兵衛を戦死させたが落城させることができず,原城に拠った(島原の乱)。乱後天草を与えられた山崎家治は富岡城の修築を3年かかって完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とみおか【富岡】

群馬県南部の市。上野国一宮の貫前ぬきさき神社がある。日本最初の官営製糸工場の置かれた地。商工業が発展。
福島県中東部、双葉ふたば郡の町。浜通り中央部にあり、岩城相馬街道の旧宿駅。原子力発電所がある。
東京都江東区西部の商業地区。富岡八幡宮・深川不動尊がある。

とみおか【富岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕富岡(とみおか)


徳島県阿南(あなん)市の中心地区。県南の産業・文化の中心で、官公庁や文化施設が集まる。富岡町が1958年(昭和33)橘(たちばな)町と合体、阿南市となる。那賀(なか)川河口の要地を占め、戦国時代から牛岐(うしき)城(富岡城)の小城下町として発展した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富岡の言及

【苓北[町]】より

…人口9613(1995)。1955年富岡町,志岐村などが合体して苓北町となった。町名は,苓州(天草の異称)の北部に位置することにちなむ。…

※「富岡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富岡の関連キーワード指標群・軍・郡小鮮チェリー群・叢・簇群鳥の群るビタミンB群ランスフィールド分類法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富岡の関連情報