コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中性子捕獲療法 ちゅうせいしほかくりょうほうneutron capture therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中性子捕獲療法
ちゅうせいしほかくりょうほう
neutron capture therapy

中性子捕捉療法ともいう。原子炉を使用する治療法で,中性子による原子核反応を人体内で起させて治療に利用しようというもの。脳腫瘍に対して行う。頸動脈からホウ素化合物を注射し,それが腫瘍細胞内に取込まれた頃,原子炉で熱中性子を照射すると,ホウ素が放射性リチウムに変って,その際にα線が放射される。α線は飛程がきわめて短く,腫瘍細胞のみを選択的に内部から破壊するので,健常組織の障害が少い。しかし,副作用もあるので,今後の検討が必要とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうせいし‐ほかくりょうほう〔‐ホクワクレウハフ〕【中性子捕獲療法】

癌(がん)の治療法の一。中性子を吸収しやすい性質をもつ化合物(ホウ素同位体10B)を腫瘍細胞に取り込ませ、熱中性子を照射することにより、細胞内部でα線を発生させ、腫瘍細胞のみを選択的に破壊する。中性子捕捉療法。ホウ素中性子捕獲療法。ホウ素中性子捕捉療法。BNCT(boron neutron capture therapy)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中性子捕獲療法
ちゅうせいしほかくりょうほう
neutron capture therapy

放射線療法の一つ。中性子捕捉(ほそく)療法、ホウ素中性子捕獲療法boron neutron capture therapyともいう。原子炉を用いたエネルギーの比較的低い熱中性子照射治療である。ホウ素化合物(ボロン化合物)をあらかじめ腫瘍(しゅよう)細胞内に点滴等で取り込ませておき、原子炉で発生させた熱中性子線を、体外から照射する。ホウ素と熱中性子との核反応により発生する強力な粒子線(α(アルファ)線とリチウム線)が腫瘍細胞を選択的に破壊する。
 中性子は電荷がないので原子核に捕獲されやすい。とくにエネルギーの低い熱中性子は捕獲されやすく、捕獲されると原子核反応がおこる。ホウ素原子は炭素や酸素原子の100万倍以上熱中性子を捕獲しやすい。ホウ素原子は熱中性子を捕らえてα粒子とリチウム原子核となり、互いに反対方向に飛ぶ。双方とも生物効果の高い放射線ではあるが、飛程が大変短くα粒子が10マイクロメートル、リチウムが5マイクロメートルと一つの腫瘍細胞の大きさに足らない程度である。よってホウ素原子が腫瘍細胞核内に取り込まれていなければ腫瘍細胞を消滅させることはむずかしい。
 腫瘍細胞内に取り込まれるホウ素化合物の研究は進められているが、現在用いられている化合物はボロカプテイト(BSH:borocaptate sodium)である。おもに脳腫瘍(多くは悪性神経膠芽腫(こうがしゅ))が適応と考えられる。正常な脳には血液脳関門blood brain barrierとよばれる保護システムがあり、血管内を流れる化合物の脳実質への取込みは制限されている。しかし、脳腫瘍はこの機能が破壊されているのでホウ素化合物が入りやすい。熱中性子は組織内約15ミリメートルで半減するため深い部分には届きにくく、比較的浅い所にある脳腫瘍でなければ効果が得にくい。深い場所に腫瘍がある場合は、頭蓋(とうがい)開頭を行ってから照射する必要がある。皮膚の悪性黒色腫も放射線感受性が低く治療困難である。これにはホウ素化合物p‐ボロノフェニルアラニン(BPA:para-boronophenylalanine)が用いられる。
 中性子捕獲療法は、隣接する正常細胞に影響を与えることなく選択的に腫瘍細胞を消滅させることができる大変優れた治療法であるが、中性子線を発生するためには原子炉が必要であるため対応できる治療施設は限られており、一般の病院でも設置できる中性子加速器の開発が望まれている。また治療効果を高めるため、腫瘍細胞により選択的に取り込まれる新しいホウ素化合物を研究・開発することも不可欠である。[赤沼篤夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例