中昔(読み)ちゅうむかし

精選版 日本国語大辞典「中昔」の解説

ちゅう‐むかし【中昔】

〘名〙
① 上近古との。中古。なかむかし。
② 今から見て中ほどの。中、近世ごろ。また、今から見て少し前の頃。
※落語・旅日記(1894)〈四代目橘家円喬〉「中昔(チウムカシ)の道中のお話でございます」

なか‐むかし【中昔】

〘名〙 そのときからみて中頃に当たる昔。上古と近古との中間の時期。中古。
※雑談集(1305)二「中昔(ナカムカシ)、伊豆の国の或所の地頭の若く田猟の次(ついで)に猿をとりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中昔」の解説

ちゅう‐むかし【中昔】

上古と近古との間。なかむかし。中古。

なか‐むかし【中昔】

それほど遠くない昔。
「―のことにやありけん」〈伽・鉢かづき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「中昔」の解説

【中昔】ちゆうせき

中古。

字通「中」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android