中曾根宗邡(読み)なかそね むねよし

  • 中曾根宗邡 なかそね-むねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1824-1906 幕末-明治時代の和算家。
文政7年生まれ。斎藤宜義(ぎぎ)にまなび,おおくの門人をもつ。安原千方と「数理神篇」を編集して万延元年刊行。維新後,測量術や利息計算法をおしえた。上野(こうずけ)八幡村(群馬県高崎市)の八幡八幡宮に奉納した算額がのこる。明治39年9月9日死去。83歳。上野出身。通称は新五郎,慎吾。号は榛陽(しんよう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android