中村 大三郎(読み)ナカムラ ダイザブロウ

20世紀日本人名事典「中村 大三郎」の解説

中村 大三郎
ナカムラ ダイザブロウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治31(1898)年

没年
昭和22(1947)年9月14日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
京都市立美術工芸学校卒,京都市立絵画専門学校〔大正8年〕卒

経歴
西山翠嶂に師事。大正7年第12回文展で「懴悔」初入選。8年第1回帝展「双六出品、第2回展「静夜聞香」、第4回展「灯籠大臣」が特選。13年京都市立美術工芸学校教諭、14年京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)助教授、のち教授。桃山風美人画から現代的美人画に移り、15年「ピアノ」次いで「編物」「婦女」などを発表。昭和3年第9回帝展では審査員。13年ごろから能楽の世界に取材、「弱法師」「三井寺」「野々宮」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android