中村主計(読み)なかむら かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村主計 なかむら-かずえ

1845-1862 幕末の武士。
弘化(こうか)2年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。京都で尊攘(そんじょう)派とまじわる。寺田屋事件で捕らえられ,薩摩(さつま)(鹿児島県)へ護送中の文久2年5月7日日向(ひゅうが)(宮崎県)細島で殺された。18歳。名は重義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村主計の関連情報