コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細島 ほそしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細島
ほそしま

宮崎県北部,日向市にある港町。北と南を山で囲まれた天然の良港で,古くから日向の重要な港であった。宋・明貿易の寄港地倭寇の基地で,江戸時代は日向の諸大名の参勤交代の港であった。 1951年に重要港湾に指定,続いて 64年新産業都市地域の一部に指定され,日向延岡工業地域造成と並行して工業港が建設された。1万t級船舶の接岸が可能で,10万t級タンカーの停泊ができる泊地もある。川崎,大阪,神戸などと結ぶカーフェリーターミナルがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほそしま【細島】

宮崎県日向市の東部地区。米ノ山(192m)と牧島山(120m)が塩見川や潮流,海波の作用による堆積作用によって陸続きになり,両山の間に尾末湾が形成されて,良港細島港が立地した。古くは中国貿易の寄航地であり,藩政時代には初めは延岡藩領であったが,1692年(元禄5)に藩主有馬氏が越後の糸魚川(いといがわ)に転封になったとき,現在の日向市(美々津,幸脇(さいわき)を除く)が天領になった。細島港は南九州の諸大名の参勤交代の港として栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細島
ほそしま

宮崎県北部、日向(ひゅうが)市に属す港町。旧細島町。北を牧島(まきしま)山、南を米(こめ)ノ山、西部は日向市街地と結ばれ、日向灘(なだ)に面する天然の良港。現在は北西部に新たに工業港が造成されたため、商工業港となっている。県内第一の良港で、宋(そう)・明(みん)貿易寄港地、日向諸藩の海路参勤交代に利用された。工業都市延岡(のべおか)の外港的役割も果たす。妙国寺(みょうこくじ)庭園は国の名勝に指定されている。1999年(平成11)細島みなと資料館が開館した。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

細島の関連キーワード宮崎県日向市細島因島(旧市名)増田五郎右衛門宮崎県日向市佐藤栄作内閣日向[市]千葉郁太郎南郷[村]日本の民家宮崎(県)日向(市)枕崎台風海賀宮門中村主計尾鈴山小細島日向灘油津港

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細島の関連情報