中村勘三郎(12代)(読み)なかむら かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘三郎(12代) なかむら-かんざぶろう

1800-1851 江戸時代後期の歌舞伎役者,座元。
寛政12年生まれ。11代中村勘三郎の次男。中村座の若太夫として番付にのり,文化11年5代中村伝九郎をつぐ。文政13年座元となり,12代勘三郎を襲名した。嘉永(かえい)4年10月11日死去。52歳。江戸出身。初名中村明石(4代)。俳名舞鶴

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android