コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーソーン Hawthorne, Nathaniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーソーン
Hawthorne, Nathaniel

[生]1804.7.4. マサチューセッツ,セーレム
[没]1864.5.19. ニューハンプシャー,プリマス
アメリカの小説家。ピューリタンの古い家系に生れ,メーン州の名門ボードゥン大学卒業後,故郷で孤独な創作に従事。 1828年処女小説『ファンショー』 Fanshaweを匿名で自費出版したが,みずから回収する。 30~40年代には,各種雑誌にすぐれた短編小説を発表。一人の少年の人生への開眼をみごとに描いた「ぼくの縁者モリノー少佐」 My Kinsman,Major Molineux (1832) ,17世紀の魔女狩りを背景にした夢魔的な物語「若いグッドマン・ブラウン」 Young Goodman Brown (35) ,人間の限界に挑戦する科学者の罪と罰を扱う「あざ」 The Birthmark (43) などがそのおもなものであり,のちに『トワイス・トールド・テールズ』 Twice-Told Tales (37,増補 42) その他いくつかの短編集にまとめられるが,原罪,孤独など人間の意識の暗い面を象徴的に描いた作品が多い。しかし生活は必ずしも楽ではなく,ボストンやセーレムの税関に勤めた時期もある。 50年に長編『緋文字』 The Scarlet Letterを出版,一躍認められ,以後セーレムの屋敷にまつわる罪と呪い,救いの希望を描いた『七破風の家』 The House of the Seven Gables (51) ,作家みずから関係したことがあるユートピア運動「ブルック・ファーム」をモデルにした『ブライズデール・ロマンス』 The Blithedale Romance (52) を発表する。 53~57年にはリバプールの領事をつとめ,イタリアにも滞在し,60年にイタリアを舞台に罪とそれによる人間の向上をテーマにした最後の長編『大理石の牧羊神』 The Marble Faunを出版し,帰国。歴史の浅いアメリカでは,現実をそのまま写実的に描写する「小説」よりも,現実から一歩離れたところに想像力を働かせた作品世界を構築するロマンスが適することを主張,実践し,その深層心理的洞察とともに後代のアメリカ小説に多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホーソーン

米国の作家。マサチューセッツ州セーレムの厳格なピューリタンの家に生まれ,孤独のうちに作家を志して短編集《トワイス・トールド・テールズ》(1837年)を出版。またエマソンによる理想主義(トランセンデンタリズム)的な実験村ブルック・ファームに参加し幻滅を味わう。
→関連項目コンコードトランセンデンタリズムメルビル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホーソーン【Nathaniel Hawthorne】

1804‐64
アメリカの小説家。マサチューセッツ州セーレムの旧家に生まれた。彼の作品に色濃いニューイングランドの風土性,過去に対する意識は,その出自に由来する。21歳でボードン大学を卒業。10年余り孤独な創作三昧の生活を続けたが,実用的職業につかぬことを罪悪視するピューリタン的考え方が,世間にも彼自身の中にも残っていることに苦しんだ。1828年処女小説《ファンショー》を自費出版したが反響なく,以後はニューイングランドの歴史に取材した《エンディコットと赤十字》,理想を追求する主人公を描く《あざ》,悪の問題を扱う《若きグッドマン・ブラウン》,寓話風の《大きな石の顔》などの優れた短編や日常生活のスケッチを合わせて約100編雑誌に発表,のちに《トワイス・トールド・テールズ》(1837,増補版1842),《旧牧師館の苔》(1846),《雪人形》(1851)に収録した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホーソーンの言及

【アメリカ文学】より

…C.B.ブラウンは古城などを舞台にしたヨーロッパのゴシック・ロマンスの伝統を踏襲しながら,古城の代りに西部の荒野やインディアンといったアメリカ固有の背景を導入した。W.アービングは《ニッカボッカーのニューヨーク史》(1809)で,歴史をフィクションに移し,《旅人の物語》(1824)では,深刻さを欠き,短編が多くなる末期型のゴシック・ロマンスを発展させ,ホーソーンやポーを先取りした。アメリカのスコットと呼ばれたJ.F.クーパーは五部作《レザーストッキング物語》(1823‐41)において,高貴な開拓者ナティ・バンポーを文明と荒野の接点に置き,アメリカのフロンティアに大ロマンスを展開させた。…

【児童文学】より

…実生活の問題を含んだ題材がガーネットE.Garnettの《袋小路1番地》(1937)からしだいに多く扱われはじめ,60年代のメーンやタウンゼンドJ.R.Townsendにうけつがれ,さらに思春期の少年小説が,ウォルシュJ.P.WalshやペートンK.M.Peytonによって書かれている。
[アメリカ]
 アンデルセンと同じ時代に,アメリカではW.アービングが《リップ・バン・ウィンクル》(1802)を書き,J.F.クーパーがインディアンものを1823‐41年につづけて出し,N.ホーソーンがはっきり子どもをめざして昔の歴史や神話を書きなおしていた。52年のストー夫人の《アンクル・トムの小屋》はむしろ社会的な事件であったが,それよりも65年のドッジ夫人M.M.Dodgeの《ハンス・ブリンカー(銀のスケート靴)》は,児童文学上の事件であった。…

【緋文字】より

…アメリカの作家ホーソーンの小説。1850年出版。…

【ブルック・ファーム】より

…指導者リプリーGeorge Ripley(1802‐80)の言葉を借りると,この事業の目的は〈頭と手の労働の間に現在よりも自然な統一を確保すること〉だったが,早くも46年には財政難から破局を迎えることになる。なおホーソーンの長編《ブライズデール・ロマンス》はこの農場での彼自身の体験を素材にしている。【酒本 雅之】。…

※「ホーソーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホーソーンの関連キーワードヴィクトリア サックヴィル・ウエストアトランティック・マンスリーレスリー・ポール ハートレーインフォーマル・グループロバート キャントウェルジョン ランチェスターニュートン アーヴィンジュリアン ホーソーンサックビル・ウェストゴシック・ロマンスジム ラフィーバー批評家のための寓話ブルック・ファームビル ホルマンホーソーン効果ロングフェローホーソーン実験バン・ドーレン長沢 英一郎アミスタッド

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホーソーンの関連情報