中村寅吉(読み)なかむらとらきち

  • 中村寅吉 なかむら-とらきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1915.9.17. 神奈川,横浜
[没]2008.2.11. 神奈川,座間
プロゴルファー。1935年プロゴルファーとなり,1952年全日本オープン選手権大会で優勝。1957年から全日本プロゴルフ選手権大会 3連覇。1957年埼玉県霞ヶ関カンツリークラブで行なわれたカナダカップ(→ワールドカップ)に小野光一と組んで出場,日本に初の団体優勝をもたらし個人でも優勝。以後のゴルフブームの先鞭をつけた。1974~87年日本女子プロゴルフ協会会長。(→ゴルフ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プロゴルファー。神奈川県生れ。15歳でキャディーとなり,1935年に20歳でプロゴルファーとしてデビュー。1950年に日本オープンゴルフ選手権で初優勝(同選手権を通算3回制覇。日本プロゴルフ選手権を4回制覇)。中村の名前が知れ渡ったのは,1957年に日本で開催されたカナダカップ(現,ワールドカップ)である。アメリカのサム・スニードらの強豪を相手に小野光一と組んだ団体戦で優勝,個人戦でも優勝するという快挙を達成し,日本にゴルフブームを巻き起こした。158cmの小さな体ながら,パッティングや小技で一時代を築き,日本プロゴルフ界の草分け的存在となった。1974年には日本女子プロゴルフ協会の初代会長に就任。〈寅さん〉の愛称で親しまれ,のちに同協会の会長となった樋口久子(日本女子歴代最多の72回の優勝を誇る)を育てたことでも知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1915-2008 昭和-平成時代のプロゴルファー。
大正4年9月17日生まれ。昭和25年関東プロで初優勝。32年日本でのカナダカップ(現ワールドカップ)で個人と団体に優勝,ゴルフブームにをつける。日本オープン3回,日本プロ4回優勝をふくむ25勝,シニアで12勝。トラさんの愛称でしたわれる。樋口久子らをそだて,56年日本女子プロゴルフ協会会長。平成20年2月11日死去。92歳。神奈川県出身。横浜帷子(かたびら)専修学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1915(大正4)‐
神奈川県横浜市生れのプロゴルファー。高等小学校を卒業後,程ヶ谷カントリークラブにキャディーとして勤めた。21歳でプロとなるが,初優勝は35歳,1950年の関東プロ選手権であった。身長158cmと体格に恵まれなかったために,スウィングに独特の二段モーションと呼吸法を取り入れ,飛距離をのばす工夫をした。57年に霞ヶ関カンツリー俱楽部で行われた第5回カナダカップ(現,ワールドカップ)では世界の強豪を抑え,小野光一とのペアで優勝,個人でも日本人初の世界チャンピオンとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android