コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村幽甫 なかむら ゆうほ

1件 の用語解説(中村幽甫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村幽甫 なかむら-ゆうほ

1623-1698 江戸時代前期の画家。
元和(げんな)9年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)の人。酒井忠勝につかえ,狩野探幽(かのう-たんゆう)に入門。内裏(だいり)造営の際,探幽の彩色を手つだい法橋(ほっきょう)となる。摂津尼崎(兵庫県)本興寺の釈迦(しゃか)像や十六羅漢像などをかいた。元禄(げんろく)11年1月28日死去。76歳。名は守以。通称は八弥。別号に幽恕斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村幽甫の関連キーワードヤン・ヨーステンクライアー福山藩馬鹿聟日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]徳川家光伊藤信徳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone