コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村成近 なかむら なりちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村成近 なかむら-なりちか

?-1827 江戸時代後期の治水家。
紀伊(きい)名草郡(和歌山県)の人。同郡鳴滝川(なるたきがわ)西部の楠見(くすみ),雑賀(さいか),貴志地方の旱魃(かんばつ)や水害をふせぐため,約16kmにおよぶ水路の構築を計画。官許をえて文政5年完成させ,約210haの耕地が恩恵をうけた。文政10年死去。通称は源左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村成近の関連キーワードカニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチマキシモヴィッチカライスカキスナバリノの海戦カニング