中村新五郎(2代)(読み)なかむら しんごろう

  • 中村新五郎(2代) なかむら-しんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1747-1777 江戸時代中期の歌舞伎役者。
延享4年生まれ。2代山下金作の。初代中村富十郎の養子。明和6年京都で2代新五郎を襲名,立役(たちやく)から敵役に転じた。安永6年11月19日死去。31歳。初名は中村初五郎。前名は岩井半之,岩井半四郎俳名は訓花,太中。屋号は天王寺屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android