コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村篁渓 なかむら こうけい

2件 の用語解説(中村篁渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村篁渓 なかむら-こうけい

1647-1712 江戸時代前期-中期の儒者。
正保(しょうほ)4年生まれ。林鵞峰(がほう)にまなぶ。寛文7年水戸藩主徳川光圀(みつくに)につかえ,「大日本史」の編修にあたった。元禄(げんろく)4年彰考館総裁。正徳(しょうとく)2年1月8日死去。66歳。京都出身。名は顧言(よしとき)。字(あざな)は伯行。通称は新八。別号に春帆,淡閑子。著作に「篁渓文集」「義公遺事」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村篁渓

没年:正徳2.1.8(1712.2.14)
生年:正保4(1647)
江戸前期の儒学者。水戸藩士。名は顧言,字は伯行,通称は新八また新八郎。初め春帆のち篁渓と号した。京都の人。17歳のとき江戸に来て林鵞峯の門に入る。寛文7(1667)年鵞峯の推薦を受けて彰考館に入り,『大日本史』編纂に従事し,主として藤原時代の本紀,列伝を担当した。貞享1(1684)年300石。元禄3(1690)年小納戸役に進み,翌年彰考館総裁となった。在館46年,総裁職に在ること21年,安積澹泊選の墓碑銘には「大いに史策に功有り」とみえる。温厚な人柄で詩文にすぐれ荻生徂徠らとも交流があった。<参考文献>吉田一徳『大日本史紀伝志表撰者考』,名越時正監修『水戸史学先賢伝』

(鈴木暎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村篁渓の関連キーワード水戸光圀漢儒佐々十竹林鵝峰菊池桐江鈴木黄軒立原蘭渓辻好庵森観斎吉田慎斎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone