コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中清泉 なか せいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中清泉 なか-せいせん

1783-1847 江戸時代後期の儒者。
天明3年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士。渡辺柳斎(りゅうさい)に,のち昌平黌(しょうへいこう)で尾藤二洲,古賀精里にまなび,舎長となる。藩校正明館教授などをへて,天保(てんぽう)13年側儒者にすすんだ。弘化(こうか)4年1月18日死去。65歳。本姓は勝村。名は豹。字(あざな)は文蔚。通称は主膳。著作に「論語集説」「清泉詩文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android