コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中熱水鉱床 ちゅうねっすいこうしょう mesothermal deposit

1件 の用語解説(中熱水鉱床の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

中熱水鉱床

成因的に火成活動に結びついた上昇する熱水溶液によって,200~300℃の中程度の温度で形成された鉱物の鉱床.主な金属は金,銀,銅,鉛,亜鉛で,普通の鉱石鉱物黄鉄鉱,黄銅鉱,硫砒鉄鉱,方鉛鉱,閃亜鉛鉱などである[Lindgren : 1928].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中熱水鉱床の関連キーワード火成活動急傾斜里山縦結び浅熱水鉱床火成弧火成岩石区反応原理(火成岩成因論)平坦地緩傾斜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone