中緯度高圧帯(読み)ちゅういどこうあつたい

百科事典マイペディアの解説

中緯度高圧帯【ちゅういどこうあつたい】

北緯および南緯35°近くで地球をとりまく高気圧の分布帯。大気大循環において下降気流がある地帯に相当し,常に2〜3個の高気圧が存在する。この地域では天気がよく蒸発が盛んなため,大陸では乾燥地域が広がり,海洋では塩分の濃い海水域となる。
→関連項目亜熱帯亜熱帯高気圧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中緯度高圧帯
ちゅういどこうあつたい

南北両半球で緯度35度付近にある高気圧が連なった領域をいう。海洋上にできる大規模な高気圧で、停滞する。夏には多少北へ動き、冬には南へ動く。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中緯度高圧帯の言及

【風】より

…図11は地球上の平均風系の粗い模型である。赤道付近には赤道無風帯があり,それより高緯度側に偏東風のいわゆる貿易風帯があり,それより高緯度側に中緯度高圧帯があり,さらに高緯度側に偏西風帯がある。それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。…

※「中緯度高圧帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android