コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中緯度高圧帯 ちゅういどこうあつたい

4件 の用語解説(中緯度高圧帯の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中緯度高圧帯【ちゅういどこうあつたい】

北緯および南緯35°近くで地球をとりまく高気圧の分布帯。大気大循環において下降気流がある地帯に相当し,常に2〜3個の高気圧が存在する。この地域では天気がよく蒸発が盛んなため,大陸では乾燥地域が広がり,海洋では塩分の濃い海水域となる。
→関連項目亜熱帯亜熱帯高気圧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゅういどこうあつたい【中緯度高圧帯】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中緯度高圧帯
ちゅういどこうあつたい

亜熱帯高圧帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中緯度高圧帯
ちゅういどこうあつたい

南北両半球で緯度35度付近にある高気圧が連なった領域をいう。海洋上にできる大規模な高気圧で、停滞する。夏には多少北へ動き、冬には南へ動く。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中緯度高圧帯の言及

【風】より

…図11は地球上の平均風系の粗い模型である。赤道付近には赤道無風帯があり,それより高緯度側に偏東風のいわゆる貿易風帯があり,それより高緯度側に中緯度高圧帯があり,さらに高緯度側に偏西風帯がある。それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。…

※「中緯度高圧帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中緯度高圧帯の関連キーワード緯線緯度回帰線マクデブルクの半球繞く南緯雰囲気北緯うりまく大洋中央海嶺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone