中里(読み)なかさと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中里(群馬県)
なかさと

群馬県南西部、多野(たの)郡にあった旧村名(中里村(むら))。現在は多野郡神流(かんな)町の西部を占める一地区。2003年(平成15)万場(まんば)町と合併し、神流町となる。旧中里村地区は、神流川上流域の山村で、全域が傾斜地、高い所は1000メートルを超える。神流川沿いに十石峠(じっこくとうげ)街道が走り、そこにおもな集落が点在する。水田はなく、畑は「耕して天に至る」の観を呈し、コンニャクイモ、クワ、雑穀が栽培される。いわゆる山中(さんちゅう)地方で、国道462号が通じ、JR高崎線新町駅から藤岡(ふじおか)、鬼石(おにし)を経由するバス便がある。また、国道299号が志賀坂(しがざか)トンネルを越えて埼玉県秩父(ちちぶ)の小鹿野(おがの)町にも通じる。過疎化が著しい。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中里の関連情報