コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野武二 ナカノタケジ

デジタル大辞泉の解説

なかの‐たけじ【中野武二】

[1884~1947]野球選手・審判。東京の生まれ。一高主将として活躍したのち、同校のコーチとなる。公正な審判員としても評価され、早慶戦や国際試合で主審を務めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野武二 なかの-たけじ

1884-1947 明治-昭和時代前期の野球選手,審判。
明治17年11月15日生まれ。中野武営の子。一高の二塁手として活躍。のち同校コーチとして,大正7年に投手内村祐之(ゆうし)を擁して一高の黄金時代を再現。早慶戦やアメリカ学生チームとの交歓試合の主審をつとめ,審判の権威と信頼を確立した。昭和22年3月21日死去。64歳。47年野球殿堂入り。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野武二の関連キーワードハムギ浅草皇室2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3Aカザン学校教育法北朝鮮二・一スト

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone