コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中院家 なかのいんけ

3件 の用語解説(中院家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中院家
なかのいんけ

村上源氏久我 (こが) 家の一流。通親の子通方を祖とする。極官は大臣。明治になって伯爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかのいんけ【中院家】

村上天皇皇子具平(ともひら)親王より出た村上源氏で,内大臣久我通親の子大納言通方を始祖とする堂上公家。家格は大臣家。2代通成,4代通重,5代通顕,8代通守など,勅撰集入集の歌人が輩出したが,その後も近世初頭の通勝・通村父子など歌人として著名である。6代通冬の日記《中院一品記》,10代通秀の日記《十輪院内府記》のほか,近世歴代の家記も多く残り,京都大学に所蔵されている。また通勝は古典にも造詣が深く,細川幽斎の委託をうけて《源氏物語》の注釈書を集成した《岷江入楚(みんごうにつそ)》55巻を著している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中院家
なかのいんけ

村上源氏(むらかみげんじ)の一家。村上天皇の孫で源姓を賜った師房(もろふさ)の5世の孫通親(みちちか)の五男通方(みちかた)が、鎌倉初期に分家して中院家の祖となった。その子通成(みちなり)は内大臣(ないだいじん)となり、以後中院家は内大臣を極官(ごっかん)とする大臣家となった。室町時代の通秀(みちひで)から江戸中期の通躬(みちみ)までは、代々古今(こきん)伝授を受け、学問の家として知られた。とくに通秀とともに通勝(みちかつ)、通村(みちむら)が学者として有名である。通村の母が細川幽斎(ほそかわゆうさい)の娘であることから、近世では武家との縁組が多い。近世後期には男子に恵まれず、久世(くぜ)家などから養嗣子(ようしし)を迎えた。近世の知行高(ちぎょうだか)は初め300石、のちに500石となった。明治維新後、華族に列し伯爵を授けられた。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中院家の言及

【久我家】より

…すなわち賢子の兄雅実は太政大臣に昇り,後に家祖と仰がれたが,京都の南郊久我(古我・木賀ともあり)に邸宅を有し〈久我太政大臣〉と称されたのが家名の由来である。鎌倉時代初期に権勢を得た通親の男通具が堀河家を,定通が土御門(つちみかど)家を,通方が中院(なかのいん)家を,孫通有が六条家を興した。さらに江戸時代に入り晴通の孫具起が岩倉家を,有能が千種家を,通堅の孫通廉が東久世家を,また敦通の男通式が久世家を,孫季通が梅渓家を興し,千種有能の男雅永が植松家を興すなど,庶流の家も多い。…

※「中院家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中院家の関連キーワード久我家具平親王村上源氏八代宮問はず語り荘子女王知仁親王永平親王広平親王昌平親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone