コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岷江入楚 ミンゴウニッソ

デジタル大辞泉の解説

みんごうにっそ〔ミンガウニツソ〕【岷江入楚】

安土桃山時代の源氏物語の注釈書。55巻。中院通勝著。慶長3年(1598)成立。諸注を集成し、三条西家の説や自説を加えたもの。みんごうじっそ。みんごうにゅうそ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みんごうにっそ【岷江入楚】

《源氏物語》の注釈書。中院通勝(なかのいんみちかつ)著。1598年(慶長3)成立。書名は揚子江の源流とされた岷江が,下流の楚で大河となることから,注釈の流れを集成する意。《河海抄》《花鳥余情》《弄花(ろうか)抄》などの中世の代表的注釈,室町期に《源氏物語》研究で一流を成した三条西家の公条(きんえだ),実枝(さねえだ)などの諸説,さらに通勝の自説が挙げられていて,《源氏物語》の諸注集成として質量ともに最高のもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みんごうにっそ【岷江入楚】

源氏物語の注釈書。五五巻。中院通勝著。1598年成立。三条西実枝さねえだの講義の聞き書きに「河海抄」「花鳥余情」「弄花抄」「細流抄」などの説を取捨して自説を加えた古注集成の最大のもの。みんごうじっそ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の岷江入楚の言及

【源氏物語】より

…その子孫が公条(きんえだ)―実澄(さねずみ)(実枝)―実条であり,彼らの手で《明星抄》《山下水(やましたみず)》が成った。実枝の甥の中院通勝(なかのいんみちかつ)が細川幽斎の協力を得て完成した《岷江入楚(みんごうにつそ)》もこの学統を受けたもので,中世古注の集大成である。なお室町末から江戸初期にかけては,ほかに《覚勝院抄》《孟津(もうしん)抄》《紹巴(じようは)抄》などの古注があり,特に《湖月抄》は簡便な注によって,永く標準的な流布本の位置を占めた。…

※「岷江入楚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岷江入楚の関連キーワード安土桃山時代中院家細流抄歌絵

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android