丸尾興堂(読み)まるお こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸尾興堂 まるお-こうどう

1840-1914 明治時代の眼科医。
天保(てんぽう)11年5月生まれ。尾張(おわり)の馬島明眼院で漢方眼科を,のち横浜でJ.C.ヘボンに西洋医術をまなぶ。慶応元年郷里の遠江(とおとうみ)(静岡県)池新田で開業。明治15年城東(きとう)病院を開院,21年復明館眼科医院とあらためた。大正3年1月18日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android