コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽一学 にわ いちがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽一学 にわ-いちがく

1823-1868 幕末の武士。
文政6年生まれ。陸奥(むつ)二本松藩(福島県)家老戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越列藩会議に藩の代表として参加し,抗戦を主張。新政府軍とたたかって敗れ,慶応4年7月29日二本松落城の際,自刃(じじん)した。46歳。名は富穀。号は反求。通称は別に内匠,万寿郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹羽一学の関連キーワードウェーラー戊辰戦争ミツケーウィチ林友幸日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ荘厳ミサ曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android