コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽以之 にわ いし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽以之 にわ-いし

?-1759 江戸時代中期の俳人。
尾張(おわり)名古屋の医師。各務支考(かがみ-しこう)にまなぶ。松尾芭蕉(ばしょう)三十三回忌追善供養に「務津能波那(むつのはな)」を編集,刊行。また笠寺千鳥塚を建立した。平家琵琶(びわ),茶道もよくした。宝暦9年7月13日死去。名は幸胤。通称は浅野屋治右衛門。別号に少以,千鳥庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹羽以之の関連キーワード以之俳人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android