コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠寺 かさでら

4件 の用語解説(笠寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠寺
かさでら

愛知県名古屋市南区の北部にある地区。 1921年名古屋市に編入。台地が天白川沖積地に接するところに位置し,尾張四観音の一つである笠寺観音の門前町として発展した。笠寺観音は真言宗智山派で,本堂 (1753建立) ,大師堂護摩堂多宝塔,鐘楼,山門が建並んで江戸時代の面影を残し,多くの寺宝がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かさでら【笠寺】

名古屋市南区にある町名。昔話「笠地蔵」で知られる笠覆寺りゆうふくじ(通称、笠寺・笠寺観音)がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠寺
かさでら

名古屋市南区中東部の地区。旧笠寺村。名古屋鉄道本線本笠寺駅がある。近くにはJR東海道本線笠寺駅があり、国道1号や名古屋高速道路大高線が通じる。真言宗智山(ちざん)派の笠覆(りゅうふく)寺(笠寺観音(かんのん))の本尊木造十一面観音菩薩立像(県指定文化財)は尾張(おわり)四観音の一つ。寺は平安時代藤原兼平(かねひら)の建立したもので、寺宝には国指定重要文化財(色紙墨書妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう))や銅造十一面観音菩薩像など県指定文化財が多い。境内には芭蕉(ばしょう)の句碑、宮本武蔵(むさし)の供養碑、織部(おりべ)形灯籠(とうろう)などがある。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠寺の関連情報