コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠寺 かさでら

4件 の用語解説(笠寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠寺
かさでら

愛知県名古屋市南区の北部にある地区。 1921年名古屋市に編入。台地が天白川沖積地に接するところに位置し,尾張四観音の一つである笠寺観音の門前町として発展した。笠寺観音は真言宗智山派で,本堂 (1753建立) ,大師堂護摩堂多宝塔,鐘楼,山門が建並んで江戸時代の面影を残し,多くの寺宝がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かさでら【笠寺】

名古屋市南区の地名。昔話「笠地蔵」にちなむ笠寺観音を本尊とする笠覆(りゅうふく)寺(通称、笠寺)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かさでら【笠寺】

名古屋市南区にある町名。昔話「笠地蔵」で知られる笠覆寺りゆうふくじ(通称、笠寺・笠寺観音)がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠寺
かさでら

名古屋市南区中東部の地区。旧笠寺村。名古屋鉄道本線本笠寺駅がある。近くにはJR東海道本線笠寺駅があり、国道1号や名古屋高速道路大高線が通じる。真言宗智山(ちざん)派の笠覆(りゅうふく)寺(笠寺観音(かんのん))の本尊木造十一面観音菩薩立像(県指定文化財)は尾張(おわり)四観音の一つ。寺は平安時代藤原兼平(かねひら)の建立したもので、寺宝には国指定重要文化財(色紙墨書妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう))や銅造十一面観音菩薩像など県指定文化財が多い。境内には芭蕉(ばしょう)の句碑、宮本武蔵(むさし)の供養碑、織部(おりべ)形灯籠(とうろう)などがある。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠寺の関連キーワード愛知県名古屋市南区鶴田愛知県名古屋市南区豊田愛知県名古屋市南区鳥栖愛知県名古屋市南区中江愛知県名古屋市南区平子愛知県名古屋市南区星崎愛知県名古屋市南区見晴町愛知県名古屋市南区明治愛知県名古屋市南区豊愛知県名古屋市南区呼続

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠寺の関連情報