コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽嘉言 にわ よしのぶ

美術人名辞典の解説

丹羽嘉言

江戸中・後期の画家。尾張生。字は彰甫、福善斎・謝庵等の号がある。初め尾張藩士竹中氏に仕え、のち京都に出て池大雅と親交した。書画を能くし、特に画は、元・明の画風を自ら学びとり、その巧妙さは大雅と並称された。天明6年(1786)歿、45才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽嘉言 にわ-よしのぶ

1742-1786 江戸時代中期の画家。
寛保(かんぽう)2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士竹中氏につかえる。文人画を独学,安永5年退隠して川名村に謝庵をむすび画業に専念した。天明6年死去。45歳。尾張出身。字(あざな)は彰甫。通称は新治。号は福善斎など。作品に「神洲奇観図」「福善斎画譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

丹羽嘉言

没年:天明6.3.16(1786.4.14)
生年:寛保2(1742)
江戸中期の南画家。字は彰甫。謝庵,福善斎などと号す。尾張(名古屋)藩士であったが,致仕して剃髪し,雲臥禅師に参禅して,以後独居自炊の自由な生活に入った。明画を好み,山水画をよくして尾張南画の祖とされる。作品に「神州奇観図」(名古屋市博物館蔵)がある。<著作>『福善斎画譜』

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

丹羽嘉言の関連キーワード菅江真澄丹羽盤桓巣見来山西村清狂丹羽謝庵

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android