丹羽氏重(読み)にわ うじしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽氏重 にわ-うじしげ

1569-1584 織豊時代の武士。
永禄(えいろく)12年生まれ。丹羽氏次の弟。徳川家康の家臣。小牧・長久手(ながくて)の戦いで尾張(おわり)(愛知県)岩崎城をまもる。豊臣秀吉方の池田恒興(つねおき)らに攻められて天正(てんしょう)12年4月9日落城,戦死した。16歳。通称は次郎助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹羽氏重の関連情報