コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽氏次 にわ うじつぐ

1件 の用語解説(丹羽氏次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽氏次 にわ-うじつぐ

1550-1601 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)19年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)岩崎城主丹羽氏勝の長男。織田信長の死後,その子信雄,ついで徳川家康につかえる。小牧・長久手(ながくて)の戦い,関ケ原の戦いに功があり,慶長5年三河(愛知県)伊保に1万石をあたえられた。慶長6年3月19日死去。52歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丹羽氏次の関連キーワードセナパティ清原宣賢平戸(市)西高木家陣屋硫黄島の戦い諫早湾干拓事業戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)調整池米国の核戦略の推移

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone