コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽瀬清左衛門 にわせ せいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽瀬清左衛門 にわせ-せいざえもん

1789-1839 江戸時代後期の武士。
寛政元年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)岩村藩家老。大田錦城(きんじょう),林述斎にまなぶ。倹約を奨励し,養蚕・植林などの殖産興業をすすめ,藩政の改革をはかったが,飢饉(ききん)と農民の反発により天保(てんぽう)8年失脚,幽閉された。天保10年2月4日死去。51歳。名は生裕。字(あざな)は好問。号は格庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹羽瀬清左衛門の関連キーワード松平乗美

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android