コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽秀延 にわ ひでのぶ

1件 の用語解説(丹羽秀延の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽秀延 にわ-ひでのぶ

1690-1728 江戸時代前期-中期の大名。
元禄(げんろく)3年生まれ。丹羽長之(ながゆき)の次男。元禄14年陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩主丹羽家4代となる。凶作と幕府からの課役のため,藩財政は困窮した。享保(きょうほう)13年5月5日死去。39歳。初名は尹重。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丹羽秀延の関連キーワード山井崑崙光の科学史見沼通船堀ゴンザ厚生局荻生徂徠クック虚空鈴慕銭大昕ハムラビ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone