コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽藤吉郎 にわ とうきちろう

2件 の用語解説(丹羽藤吉郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽藤吉郎 にわ-とうきちろう

1856-1930 明治-大正時代の薬学者。
安政3年2月2日生まれ。父は肥前佐賀藩士。東京大学卒業後ベルリン大で製薬化学をまなび,明治40年東京帝大教授。合成インジゴなどを研究した。日本薬剤師会会長,日本製薬協会会長。昭和5年3月12日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹羽藤吉郎
にわとうきちろう
(1856―1930)

薬学者。薬学博士。佐賀藩士の二男に生まれ、15歳で大学南校に入り、カドリーJakob Kaderli(1827―1874)にドイツ語を学ぶ。1873年(明治6)医学校(東京大学の前身)製薬学科で、ランガルトに師事、製薬化学を研究。1878年卒業。1880年日本薬学会創立のメンバーの一人となる。1881年助教授となり、1886年の学制改革に伴う学科廃止に抗議、森有礼(ありのり)文相に直言して復活させた。1900年(明治33)ベルリン大学に留学、トームス教授に師事して製薬化学を専攻した。帰国後、1907年帝国大学教授に就任して、薬品製造学講座を創設し、インジゴの合成開発、カフェイン製造の工業化に成功した。政府の要請で産学協同の日本薬品工業学会創立会長となり、陸軍依頼の火薬安定剤ほかの製薬指導に寄与。また大学附属病院初代薬局長としては医薬分業標榜(ひょうぼう)の模範的薬局の基礎を築いた。日本薬学会2代会頭。日本薬剤師会会長として医薬分業達成に尽力した「分業の父」である。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹羽藤吉郎の関連キーワード長井長義大池忠助小野瓢郎島田耕一高橋順太郎辰野高司谷新助丹波敬三平山松治安香尭行

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone