コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世重之 くぜ しげゆき

2件 の用語解説(久世重之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世重之 くぜ-しげゆき

1660-1720 江戸時代前期-中期の大名。
万治(まんじ)3年生まれ。久世広之(ひろゆき)の3男。延宝7年下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主久世家2代となる。備中(びっちゅう)庭瀬藩,丹波亀山藩,三河吉田藩をへて,宝永2年ふたたび関宿藩にもどる。1万石加増され6万石。正徳(しょうとく)3年老中にすすんだ。享保(きょうほう)5年6月27日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久世重之

没年:享保5(1720)
生年:万治3(1660)
江戸中期の幕府老中。4代将軍徳川家綱の老中久世広之の子。幼名勝之助,のち大和守を称した。延宝7(1679)年,父広之の死により家督を相続し関宿城主となる。同年9月に奏者番に任じられる。父広之の担当した越後騒動の裁許に手落ちがあったとの理由で,いったん免職となるが貞享2(1685)年に再任,5代将軍綱吉の信頼を得て,宝永1(1704)年に寺社奉行を兼任,翌2年に若年寄,正徳3(1713)年に老中となる。重之は譜代保守層を代表する政治家で,正徳の治を進めた新井白石とは対立したが,白石の学問は評価していた。また8代将軍吉宗のもとでは老中の権威の回復に努め,御側御用取次有馬氏倫らの越権行為をきびしく戒めた。吉宗もまたその剛直を愛でて,重之が病気で倒れてからもその療養のために種々手を尽くしたが,現職老中のまま没。<参考文献>辻達也『享保改革の研究』

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久世重之の言及

【関宿[町]】より

…戦国期に古河公方に属する簗田(やなだ)氏が築城して居城とした。1590年(天正18)徳川家康の関東入国とともに松平康元が4万石で入城,以後小笠原氏,北条氏,牧野氏,板倉氏,久世氏,牧野氏と続き,1705年(宝永2)に久世重之が6万石で入封以後は明治まで変わらなかった。城下町は城の南方大手門の外に台町,江戸町,上町,下町,内町,利根川の対岸に境町などがあり,江戸川沿いに内河岸,対岸に向河岸,向下河岸の関宿三河岸があって,多くの問屋商人が軒を並べていた。…

【吉田藩】より

…1869年(明治2)版籍奉還の際,豊橋藩と改称。1601年(慶長6)松平(竹谷)家清,12年松平(深溝)忠利,32年(寛永9)水野忠清,42年水野忠善,45年(正保2)小笠原忠知,97年(元禄10)久世重之,1705年(宝永2)牧野成春,12年(正徳2)松平(大河内)信祝(のぶとき),29年(享保14)松平(本庄)資訓,49年(寛延2)松平(大河内)信復(のぶなお)と,近世中期まで大名の交替が相次ぎ,歴代には小笠原長重,久世重之,松平信祝,信明(のぶあきら),信順(のぶより),信古(のぶひさ)と幕府の要職についたものが多い。石高は初期は3万~5万石,1712年以降は7万石。…

※「久世重之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久世重之の関連キーワード江戸幕府元文上覧相撲榎本寛継お島の方梶定良鈴木正備土屋数直徳川家基奈良雪勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone