コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭瀬藩 にわせはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭瀬藩
にわせはん

江戸時代,備中国 (岡山県) 庭瀬地方を領有した藩。戸川氏約3万石に始り,久世氏5万石,松平 (藤井) 氏3万石を経て元禄 12 (1699) 年から板倉氏2万石で廃藩置県にいたった。板倉氏は譜代,江戸城菊間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

にわせはん【庭瀬藩】

江戸時代備中(びっちゅう)国賀陽(かよう)郡庭瀬(現、岡山県岡山市北区庭瀬)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は誠意館。1600年(慶(けいちょう)長5)、旧宇喜多氏家臣で関ヶ原の戦いで東軍についた戸川逵安(みちやす)が2万9200石を与えられて立藩。しかし、4代安風(やすかぜ)に嗣子(しし)がなく79年(延宝(えんぽう)7)に断絶。その後、久世(くぜ)氏、松平(藤井)氏が入封(にゅうほう)するが、いずれも短期間で移封となり、99年(元禄12)に板倉重高(しげたか)が上総(かずさ)国高滝藩から2万石で入封して定着、以後明治維新まで板倉氏11代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で庭瀬県となり、その後、深津(ふかつ)県、小田(おだ)県を経て75年岡山県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庭瀬藩
にわせはん

備中(びっちゅう)国賀陽(かよう)郡庭瀬(岡山市北区)に陣屋を置いた小藩。藩祖戸川達安(とがわみちやす)はもと宇喜多(うきた)氏の譜代(ふだい)老臣であったが、1599年(慶長4)の家中騒動で主家を離れ、のち関ヶ原の戦いには徳川方に属し、その功によって備中国のうち2万9200石を与えられた。その後、1679年(延宝7)4代藩主安風(やすかぜ)は嗣子(しし)がないため改易となったが、この間に、早島(はやしま)、帯江(おびえ)、妹尾(せのお)、撫川(なつかわ)の4家に分封され、旗本知行地(ちぎょうち)とされた。こののち、早島知行所から中庄(なかしょう)知行所が取り立てられ、これら5知行所は明治維新まで継承された。旧庭瀬領は、代官支配(天領)を経て、下総(しもうさ)国(千葉県)関宿(せきやど)から久世重之(くぜしげゆき)が、また大和(やまと)国(奈良県)興留(おきとめ)から松平(まつだいら)(藤井)信通(のぶみち)が次々と入部したが、1699年(元禄12)板倉重高(いたくらしげたか)が2万石で庭瀬藩主に封ぜられ、上総(かずさ)国高滝から入部。以後11代にわたり在封して明治維新に至った。庭瀬県、深津県、小田県を経て岡山県に編入。[人見彰彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の庭瀬藩の言及

【備中国】より

…のち一時幕領,私領となったが,15年家定の子利房が藩主に返り咲き,以後11代256年同氏が在封した。庭瀬藩は賀陽郡庭瀬(岡山市)に陣屋をもつ小藩で,1600年宇喜多氏の旧臣戸川逵安(みちやす)(外様)が2万9000石を領して立藩したが,4代で無嗣絶家となって一時廃藩となった。その後,久世重之,松平信通が入封したがいずれも間もなく移封し,99年(元禄12)板倉重高が2万石で入封し,以後譜代11代170年在封した。…

※「庭瀬藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庭瀬藩の関連キーワード岡山県岡山市北区庭瀬撫川うちわ板倉勝全板倉勝喜板倉勝弘板倉昌信板倉勝資海野柯亭板倉勝成戸川正安戸川安宣松平信通戸川逵安板倉重高戸川安風戸川安広戸川逵索板倉勝氐桃井儀八幾田伊俊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庭瀬藩の関連情報