コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久住者 クジュウシャ

デジタル大辞泉の解説

くじゅう‐しゃ〔クヂユウ‐〕【久住者】

長い期間、山寺にこもって修行する人。特に、比叡山に長くこもって修行する人。くじゅうさ。
「山(=比叡山)の―円応」〈平家・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゅうさ【久住者】

久しく山寺に籠って修行する者。比叡山では12年を越えて籠山の修行をした僧をいう。くじゅうしゃ。 「山の-ども召したれば/讃岐典侍日記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

久住者の関連キーワード讃岐典侍日記

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android