コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保良英 くぼ よしひで

2件 の用語解説(久保良英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保良英 くぼ-よしひで

1883-1942 大正-昭和時代前期の心理学者。
明治16年4月22日生まれ。アメリカクラーク大に留学し,昭和4年広島文理大(現広島大)教授。はやくから精神分析ゲシュタルト心理学を紹介し,ビネー知能検査の標準化にもつくした。昭和17年11月12日死去。60歳。佐賀県出身。東京帝大卒。著作に「精神分析学」「児童心理学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久保良英
くぼよしひで
(1883―1942)

心理学者。佐賀県生まれ。1909年(明治42)東京帝国大学文科大学哲学科(心理学専修)卒業。同窓に高橋穰(たかはしゆたか)(1885―1968)がいる。1911年東京市視学。1913年(大正2)渡米、クラーク大学に学び学位をとり、ヨーロッパを回り帰国。北垣守経営の児童研究所の知能部門の主任となる。1929年(昭和4)広島文理科大学教授。彼の心理学は教育心理学的傾向が強く、『児童研究所紀要』全17巻(1918~1936)に多くの論文を発表し、また知能検査の作製に貢献した。早くから精神分析やゲシュタルト心理学を紹介した。著書に『形態心理学』(1930)、『児童心理学』(1931)、『精神分析学』(1932)などがある。[宇津木保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の久保良英の言及

【教育相談】より

…これはいわゆるガイダンスともいわれるものであるが,主たるねらいは学力の向上,進学をはじめとする進路の選択の適正化などである。 日本において最初に教育相談が組織的に行われたのは,心理学者久保良英による児童教養研究所(1917年東京に設立)でのものであるとされる。しかし教育相談が本格化するのは第2次大戦後であり,全国各地に公立・私立の教育研究所(教育相談室)が設置され,学校内での教師による教育相談とあわせて急速に普及発展してきている。…

【児童心理学】より

…またアメリカの児童研究運動の影響を受けて,同年に医学,心理学,教育学などの専門家によって日本児童学会(機関誌《児童研究》)が結成された。続いて大正時代には,留学してホールを師とした久保良英が児童研究所をつくり,《児童研究所紀要》を刊行するなどして大きく寄与した。昭和初期になるとビューラー夫妻,ウェルナーらの学派の成果も導入され,日本の児童心理学は活況を呈するようになった。…

※「久保良英」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

久保良英の関連キーワードアルマン条約電気事業国語問題アフリカ文学軍艦小事典ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone