コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久原 房之助 クハラ フサノスケ

2件 の用語解説(久原 房之助の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

久原 房之助
クハラ フサノスケ

明治〜昭和期の実業家,政治家 久原鉱業所創立者;衆院議員;政友会総裁;逓信相。



生年
明治2年6月4日(1869年)

没年
昭和40(1965)年1月29日

出生地
山口県萩市唐樋町

学歴〔年〕
慶応義塾本科〔明治24年〕卒

経歴
森村組を経て、明治24年藤田組に入り、秋田の小坂鉱山の黒鉱精練に成功、鉱山の衰微を復興。32年藤田組支配人、33年小坂鉱山事務所長。38年独立し、茨城の赤沢鉱山を買収して日立鉱山と改称。44年久原鉱業所を創立し、各地の鉱山を買収、成功をおさめた。大正3年第一次大戦景気で石油・海運・造船などの分野に進出、日産コンツェルンを築いたが、戦後恐慌で大打撃を受ける。昭和2年田中義一首相の特使としてスターリンに会見。同年会社を義兄・鮎川義介に委ね、3年政友会に入り衆院議員に当選、同年田中義一内閣の逓相を務めた。4年政友会分裂の際は正統派に属し、14年第8代総裁となった。戦後、公職追放を経て、27年政界に復帰、日中・日ソ国交回復国民会議議長などを歴任。通算5期。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

久原 房之助
クハラ フサノスケ


肩書
衆院議員,政友会総裁,逓信相,久原鉱業所創立者

生年月日
明治2年6月4日

出生地
山口県萩市唐樋町

学歴
慶応義塾本科〔明治24年〕卒

経歴
森村組を経て、明治24年藤田組に入り、秋田の小坂鉱山の黒鉱精練に成功、鉱山の衰微を復興。32年藤田組支配人、33年小坂鉱山事務所長。38年独立し、茨城の赤沢鉱山を買収して日立鉱山と改称。44年久原鉱業所を創立し、各地の鉱山を買収、成功をおさめた。大正3年第一次大戦景気で石油・海運・造船などの分野に進出、日産コンツェルンを築いたが、戦後恐慌で大打撃を受ける。昭和2年田中義一首相の特使としてスターリンに会見。同年会社を義兄・鮎川義介に委ね、3年政友会に入り衆院議員に当選、同年田中義一内閣の逓相をつとめた。4年政友会分裂の際は正統派に属し、14年第8代総裁となった。戦後、公職追放を経て、27年政界に復帰、日中・日ソ国交回復国民会議議長などを歴任。通算5期。

没年月日
昭和40年1月29日

家族
父=久原 庄三郎(実業家) 兄=田村 市郎(実業家) 孫=朝吹 京(ストーンウェル社長) 石井 好子(シャンソン歌手) 石井 公一郎(ブリヂストンサイクル会長) 石井 大二郎(昭和海運会長)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久原 房之助の関連情報