鮎川義介(読み)アイカワヨシスケ

デジタル大辞泉 「鮎川義介」の意味・読み・例文・類語

あいかわ‐よしすけ〔あいかは‐〕【鮎川義介】

[1880~1967]実業家山口の生まれ。久原房之助義兄日産自動車日立製作所などを傘下に収める、日産コンツェルンを築く。戦後は、参議院議員として政界にも進出。あゆかわぎすけ。

あゆかわ‐ぎすけ〔あゆかは‐〕【鮎川義介】

あいかわよしすけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「鮎川義介」の意味・わかりやすい解説

鮎川義介(あいかわよしすけ)
あいかわよしすけ
(1880―1967)

新興財閥日産コンツェルンの創設者、政治家。山口県生まれ。「あゆかわよしすけ」とも。東京帝国大学機械工学科卒業後、一職工として芝浦製作所に入社、さらにアメリカに渡って可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年(明治43)戸畑鋳物、1922年(大正11)共立企業を設立、その経営手腕を認められる。大正末年危機に陥った義弟久原房之助(くはらふさのすけ)の事業経営を引き受け、1928年(昭和3)久原鉱業を公開持株会社日本産業に改組した。満州事変以後の景気回復過程のなかで拡大戦略を展開し、日本鉱業、日立製作所、日本水産、日産自動車などの有力会社を擁する新興財閥日産コンツェルンを形成した。1937年その本社日本産業を「満州国」に移駐して満州重工業開発とし、日「満」両国にまたがる一大コンツェルンの形成を図ったが、戦時体制の強化、戦局の悪化とともにその計画は挫折(ざせつ)した。第二次世界大戦後に公職追放、解除後おもに政治活動に専念し、参議院議員になり、1956年(昭和31)には日本中小企業政治連盟結成、その総裁に就任した。

[宇田川勝]

『小島直記著『鮎川義介伝』(1967・日本経営出版会)』



鮎川義介(あゆかわぎすけ)
あゆかわぎすけ

鮎川義介


鮎川義介(あゆかわよしすけ)
あゆかわよしすけ

鮎川義介

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「鮎川義介」の意味・わかりやすい解説

鮎川義介 (あいかわよしすけ)
生没年:1880-1967(明治13-昭和42)

新興財閥日産コンツェルンの創設者,政治家。山口県出身。東京帝国大学電気工学科卒業後,芝浦製作所に一職工として入社,さらに渡米して実地に可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年,習得技術の企業化のため親族の援助をえて戸畑鋳物を創業。11年持株会社共立企業を設立してコンツェルン経営を実践する。大正末年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)家の久原鉱業再建を引き受け,28年公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組。社会的資金を動員しての拡大戦略を展開し,日本鉱業,日立製作所,日本水産,日産自動車などの有力会社を傘下にもつ新興財閥の雄,日産コンツェルンを形成した。37年ごろからは軍部と提携して満州に進出し,満州重工業開発株式会社を中心に大陸開発を行った。第2次大戦後は,公職追放解除後,政界に進出して参議院議員に2回当選し,さらに56年には中小企業政治連盟を結成,その総裁となり,中小企業団体組合法などを制定させた。59年選挙違反の容疑で参議院議員を辞職した。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和 「鮎川義介」の解説

鮎川 義介
アユカワ ヨシスケ


肩書
参院議員(第十七控室),日本中小企業政治連盟総裁,日産コンツェルン創始者

生年月日
明治13年11月6日

出生地
山口県山口市

学歴
東京帝大工科大学機械科〔明治36年〕卒

経歴
芝浦製作所の職工となるが、のち渡米して鋳造見習工。30歳で帰国、明治43年戸畑鋳物を設立。大正10年東京に進出、昭和3年義弟・久原房之助の久原鉱業所社長となり、のち日本産業と改称、以後次々設立または吸収を繰り返して、日立製作所を含む日産コンツェルンを作りあげた。12年満州に進出して17年まで満州重工業開発総裁。18年勅選貴院議員。戦後はA級戦犯として服役したが、釈放後、28年参院議員となり、31年には日本中小企業政治連盟を結成して総裁。全国中小企業団体中央会会長、中小企業助成会会長、岸内閣経済最高顧問を歴任。34年二男の選挙違反事件の責任をとり親子で参院議員を辞任した。のち東洋大学名誉総長となる。著書に「物の見方考え方」「私の考え方」などがある。

没年月日
昭和42年2月13日

家族
二男=鮎川 金次郎(参院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

20世紀日本人名事典 「鮎川義介」の解説

鮎川 義介
アユカワ ヨシスケ

明治〜昭和期の実業家,政治家 日産コンツェルン創始者;日本中小企業政治連盟総裁;参院議員(第十七控室)。



生年
明治13(1880)年11月6日

没年
昭和42(1967)年2月13日

出生地
山口県山口市

学歴〔年〕
東京帝大工科大学機械科〔明治36年〕卒

経歴
芝浦製作所の職工となるが、のち渡米して鋳造見習工。30歳で帰国、明治43年戸畑鋳物を設立。大正10年東京に進出、昭和3年義弟・久原房之助の久原鉱業所社長となり、のち日本産業と改称、以後次々設立または吸収を繰り返して、日立製作所を含む日産コンツェルンを作りあげた。12年満州に進出して17年まで満州重工業開発総裁。18年勅選貴院議員。戦後はA級戦犯として服役したが、釈放後、28年参院議員となり、31年には日本中小企業政治連盟を結成して総裁。全国中小企業団体中央会会長、中小企業助成会会長、岸内閣経済最高顧問を歴任。34年二男の選挙違反事件の責任をとり親子で参院議員を辞任した。のち東洋大学名誉総長となる。著書に「物の見方考え方」「私の考え方」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

百科事典マイペディア 「鮎川義介」の意味・わかりやすい解説

鮎川義介【あいかわよしすけ】

実業家。山口県出身。東大工科卒後,芝浦製作所を経て1910年には戸畑鋳物を創設。1927年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)の久原鉱業を整理し社長となり,日本産業と改称,翼下に日本鉱業日立製作所日本水産日産自動車などを擁する日産コンツェルンを形成した。1937年満州重工業開発を設立。戦後は追放解除後,参議院議員となり日本中小企業政治連盟を結成した。
→関連項目久原房之助

鮎川義介【あゆかわよしすけ】

鮎川(あいかわ)義介

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鮎川義介」の意味・わかりやすい解説

鮎川義介
あいかわよしすけ

[生]1880.11.6. 山口
[没]1967.2.13. 東京
昭和前期の実業家,第2次世界大戦前の日産コンツェルンの創設者。父は井上馨の甥にあたる。東京大学機械工学科を卒業後,芝浦製作所に入社したがあきたらず,渡米して鋳物工場で働き,帰国後 1910年戸畑鋳物会社を設立し成功した。第1次世界大戦後中央財界に進出し,28年義弟久原房之助のあとをうけ社長として久原鉱業 (同年日本産業と改称) を経営,33年自動車製造株式会社を設立 (1934年日産自動車と改称) し,その社長となった。同年鮎川は日本産業を持株会社とし日立製作所,日産自動車,日産化学を擁する日産コンツェルンを形成した。日中戦争勃発後には満州に進出,37年日本産業 (株) を満州国法人満州重工業開発 (株) に改組,その総裁となって,日産を満州に移した。 43年勅選貴族院議員。戦後は参議院議員となり,56年中小企業政治連盟を結成しその総裁となったが,次男の選挙違反問題が起り,議員を辞職した。著書に『物の見方考へ方』 (37) ,『満業百面相』 (40) ,『鮎川義介縦横談』 (53) ,『私の人生設計』 (55) ,『百味箪笥』 (64) がある。

鮎川義介
あゆかわぎすけ

鮎川義介」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「鮎川義介」の解説

鮎川義介
あいかわよしすけ

1880.11.6~1967.2.13

明治~昭和期の実業家・政治家。山口県出身。東大卒。1910年(明治43)戸畑鋳物を設立。28年(昭和3)経営が破綻した久原(くはら)鉱業の社長に就任し,同社を日本産業に改組。満州事変以後の軍需景気による株価高騰を利用して傘下企業の株をプレミアムつきで公開し,その資金で拡大をはかり,日産コンツェルンをつくった。37年関東軍の要請をうけて日本産業を満州へ移転し,満州重工業開発会社に改組。しかし軍部の干渉や外資導入の不成功などのために失敗,42年退いて帰国。第2次大戦後は公職追放解除後,52年中小企業助成会,56年中小企業政治連盟を結成。53年に参議院議員となるが,59年次男金次郎の選挙違反問題で引責辞任。


鮎川義介
あゆかわよしすけ

鮎川義介(あいかわよしすけ)

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「鮎川義介」の解説

鮎川義介 あゆかわ-よしすけ

1880-1967 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治13年11月6日生まれ。43年戸畑鋳物を設立。義弟久原(くはら)房之助の久原鉱業をひきつぎ,昭和3年社長となり,日本産業(日産)に改組。日産自動車,日立製作所などを傘下におさめ,日産コンツェルンをきずいた。28年参議院議員(当選2回)。31年日本中小企業政治連盟を結成し,総裁。昭和42年2月13日死去。86歳。山口県出身。東京帝大卒。
【格言など】人生設計はなるべく低いところから(信条)

鮎川義介 あいかわ-よしすけ

あゆかわ-よしすけ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「鮎川義介」の解説

鮎川 義介 (あゆかわ よしすけ)

生年月日:1880年11月6日
明治時代-昭和時代の実業家;政治家。参議院議員
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の鮎川義介の言及

【日立鉱山】より

…第1次大戦の好況期,自山産出鉱,他山からの買鉱のいずれも増加し,16年には従業員数7500人,産銅量1万3800tを記録した。しかしその後の銅市況の低迷と鉱況の悪化によって経営不振に陥り,28年久原は社長を辞任し,義兄の鮎川(あいかわ)義介が引き継いだ。鮎川は同年持株会社として日本産業(株)を設立,翌29年には日本鉱業(株)を発足させた。…

【鮎川義介】より

…新興財閥日産コンツェルンの創設者,政治家。山口県出身。東京帝国大学電気工学科卒業後,芝浦製作所に一職工として入社,さらに渡米して実地に可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年,習得技術の企業化のため親族の援助をえて戸畑鋳物を創業。11年持株会社共立企業を設立してコンツェルン経営を実践する。大正末年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)家の久原鉱業再建を引き受け,28年公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組。…

※「鮎川義介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android