コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎川義介 あゆかわ よしすけ

美術人名辞典の解説

鮎川義介

実業家・政治家。山口県生。久原房之助の義兄。東大卒。芝浦製作所に入社後、戸畑鋳物を設立。久原鉱業社長に就任、同社を日本産業に改組し日産コンツェルンとして再生させた。また、関東軍の要請をうけて日産本社を満州へ移転、満州重工業開発会社に改組するが、のち帰国。戦後は中小企業助成会、中小企業政治連盟を結成、総裁となる。参議院議員。昭和42年(1967)歿、87才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あいかわ‐よしすけ〔あいかは‐〕【鮎川義介】

[1880~1967]実業家。山口の生まれ。久原房之助の義兄。日産自動車日立製作所などを傘下に収める、日産コンツェルンを築く。戦後は、参議院議員として政界にも進出。あゆかわぎすけ。

あゆかわ‐ぎすけ〔あゆかは‐〕【鮎川義介】

あいかわよしすけ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鮎川義介【あいかわよしすけ】

実業家。山口県出身。東大工科卒後,芝浦製作所を経て1910年には戸畑鋳物を創設。1927年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)の久原鉱業を整理し社長となり,日本産業と改称,翼下に日本鉱業日立製作所日本水産日産自動車などを擁する日産コンツェルンを形成した。
→関連項目久原房之助

鮎川義介【あゆかわよしすけ】

鮎川(あいかわ)義介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮎川義介 あゆかわ-よしすけ

1880-1967 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治13年11月6日生まれ。43年戸畑鋳物を設立。義弟久原(くはら)房之助の久原鉱業をひきつぎ,昭和3年社長となり,日本産業(日産)に改組。日産自動車,日立製作所などを傘下におさめ,日産コンツェルンをきずいた。28年参議院議員(当選2回)。31年日本中小企業政治連盟を結成し,総裁。昭和42年2月13日死去。86歳。山口県出身。東京帝大卒。
【格言など】人生設計はなるべく低いところから(信条)

鮎川義介 あいかわ-よしすけ

あゆかわ-よしすけ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あいかわよしすけ【鮎川義介】

1880‐1967(明治13‐昭和42)
新興財閥日産コンツェルンの創設者,政治家。山口県出身。東京帝国大学電気工学科卒業後,芝浦製作所に一職工として入社,さらに渡米して実地に可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年,習得技術の企業化のため親族の援助をえて戸畑鋳物を創業。11年持株会社共立企業を設立してコンツェルン経営を実践する。大正末年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)家の久原鉱業再建を引き受け,28年公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいかわよしすけ【鮎川義介】

1880~1967) 実業家。山口県生まれ。東大卒。久原房之助の義兄。日産コンツェルンの創設者。

あゆかわよしすけ【鮎川義介】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮎川義介
あいかわよしすけ

[生]1880.11.6. 山口
[没]1967.2.13. 東京
昭和前期の実業家,第2次世界大戦前の日産コンツェルンの創設者。父は井上馨の甥にあたる。東京大学機械工学科を卒業後,芝浦製作所に入社したがあきたらず,渡米して鋳物工場で働き,帰国後 1910年戸畑鋳物会社を設立し成功した。第1次世界大戦後中央財界に進出し,28年義弟久原房之助のあとをうけ社長として久原鉱業 (同年日本産業と改称) を経営,33年自動車製造株式会社を設立 (1934年日産自動車と改称) し,その社長となった。同年鮎川は日本産業を持株会社とし日立製作所,日産自動車,日産化学を擁する日産コンツェルンを形成した。日中戦争勃発後には満州に進出,37年日本産業 (株) を満州国法人満州重工業開発 (株) に改組,その総裁となって,日産を満州に移した。 43年勅選貴族院議員。戦後は参議院議員となり,56年中小企業政治連盟を結成しその総裁となったが,次男の選挙違反問題が起り,議員を辞職した。著書に『物の見方考へ方』 (37) ,『満業百面相』 (40) ,『鮎川義介縦横談』 (53) ,『私の人生設計』 (55) ,『百味箪笥』 (64) がある。

鮎川義介
あゆかわぎすけ

鮎川義介」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鮎川義介の言及

【日立鉱山】より

…第1次大戦の好況期,自山産出鉱,他山からの買鉱のいずれも増加し,16年には従業員数7500人,産銅量1万3800tを記録した。しかしその後の銅市況の低迷と鉱況の悪化によって経営不振に陥り,28年久原は社長を辞任し,義兄の鮎川(あいかわ)義介が引き継いだ。鮎川は同年持株会社として日本産業(株)を設立,翌29年には日本鉱業(株)を発足させた。…

【鮎川義介】より

…新興財閥日産コンツェルンの創設者,政治家。山口県出身。東京帝国大学電気工学科卒業後,芝浦製作所に一職工として入社,さらに渡米して実地に可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年,習得技術の企業化のため親族の援助をえて戸畑鋳物を創業。11年持株会社共立企業を設立してコンツェルン経営を実践する。大正末年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)家の久原鉱業再建を引き受け,28年公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組。…

※「鮎川義介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鮎川義介の関連キーワード鮎川義介(あゆかわよしすけ)鮎川義介(あいかわよしすけ)鮎川義介(あゆかわぎすけ)満州重工業開発[株]日本中小企業政治連盟日産自動車[株]日立製作所[株]日産自動車(株)日本鉱業[株]日本水産[株]久原 房之助貝島 太市11月6日高碕達之助星野 直樹田村 市郎日立金属星野直樹山本惣治村上正輔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android