コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松義典 ひさまつ よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松義典 ひさまつ-よしのり

1855-1905 明治時代の新聞記者,小説家。
安政2年10月生まれ。栃木師範校長をつとめ,立憲改進党に入党。「郵便報知新聞」「朝野新聞」の記者をへて明治24年「北海道毎日新聞」主筆となる。社会主義思想への関心をふかめた。明治38年6月2日死去。51歳。江戸出身。東京英語学校中退。号は狷堂(けんどう)。著作に「東洋社会党」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久松義典の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ニコライコンコルダートロートシルトスコット(Charles Prestwich Scott)東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題