コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋社会党 とうようしゃかいとう

5件 の用語解説(東洋社会党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋社会党
とうようしゃかいとう

日本の政党。自由民権運動期,日本で初めて「社会党」と名づけた政党。 1882年5月 25日長崎県の樽井藤吉,赤松泰助らが結成した。「道徳を以て言行の基準とす」「平等を主義となす」「社会公衆の最大福利を以て目的とす」という綱領にみられるように,社会主義政党でも無政府主義政党でもなく,また組織面においても平等主義のために指導,被指導といった上下関係をもたず,党名が示すように党の趣旨を「支那,朝鮮」にも拡充することを目指していたが,1ヵ月後の6月 20日集合禁止を命じられ解散した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東洋社会党【とうようしゃかいとう】

1882年5月樽井藤吉らが長崎県島原に設立した政党。日本で初めて社会党の名を冠した政党で,機関紙《半鐘警報》。小農民を組織して平等と社会公衆の最大福利を目的としたが,7月結社禁止で解散。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうようしゃかいとう【東洋社会党】

日本で初めて社会党の名を冠した政党。1882年5月,樽井藤吉により長崎県島原に旗を揚げた。綱領に〈道徳を以て言行の規準〉とし,〈平等を主義〉とし,〈社会公衆の最大福利を目的〉としている。東洋の2字には,西洋諸国の社会党=過激党と同一ではなく,〈親和党〉だという意味がこめられており,西欧の理論に学びつつも,東洋の独自性を主張する意識がみられる。さらにこの語には,その主義を日本のみでなく,朝鮮,清にも広めて東洋の衰運を挽回しようとする意図もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうようしゃかいとう【東洋社会党】

1882年(明治15)平等主義を掲げて樽井藤吉が長崎県で組織した小政党。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋社会党
とうようしゃかいとう

明治時代の一種のユートピア的社会主義政党。1882年(明治15)5月25日、樽井藤吉(たるいとうきち)が赤松泰助(あかまつやすすけ)らと長崎県島原で結成。党則草案の綱領に「親愛を言行の規準」「自他平等を主義」「社会公衆の最大福利を目的」とすることをうたう。佐賀県西松浦郡を拠点とし、旧佐賀藩主鍋島閑叟(なべしまかんそう)の徳政的土地改革制度継続を要求した耕作農民3000余名を獲得したという。党の天物共有思想が渡辺政貴(まさたか)という組織者によりさらに浸透したため、同党は当局により共産党・虚無党とみなされ、同年6月、山田顕義(あきよし)内務卿(きょう)により治安に有害として結社を禁止された。さらに翌年1月、樽井は党則草案を印刷配布したかどで軽禁錮1年に処され下獄、こうして同党は消滅した。[松尾章一]
『田中惣五郎著『東洋社会党考』(1930・一元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東洋社会党の関連キーワード自由民権運動福島事件自由民権論民権運動自由民権思想上野富左右平良新助武市安哉野手一郎三浦文次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone