コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗松雅休 のりまつ まさやす

2件 の用語解説(乗松雅休の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗松雅休 のりまつ-まさやす

1863-1921 明治-大正時代の牧師。
文久3年7月12日生まれ。日本最初のプロテスタント海外伝道者。明治20年稲垣信から洗礼をうけ,29年朝鮮にわたり京城,水原を中心に伝道に従事。大正10年2月12日死去。59歳。遺言で墓は水原に建立された。伊予(いよ)(愛媛県)出身。明治学院中退。著作に「朝鮮語羅馬(ローマ)書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

乗松雅休

没年:大正10.2.12(1921)
生年:文久3.7.12(1863.8.25)
日本人プロテスタント最初の海外伝道者。伊予(愛媛県)松山に生まれる。中学卒業後,神奈川県属として働くうちに入信,退官して明治学院に入る。のち日本橋教会の牧師となるが,教会内の分裂問題で離脱。無制度,無信条のキリスト教を主張するにいたる。明治29(1896)年,単身朝鮮半島に渡り,京城,水原を中心に朝鮮人と同様の生活で伝道に従事。経済的には苦汁をなめたが,朝鮮民衆からは深い信頼を得た。墓は本人の遺言で水原に建立され朝鮮人信徒によって守られている。著訳に『朝鮮語羅馬書』『朝鮮語讃頌歌』などがある。<参考文献>飯沼二郎・韓晢曦『日本帝国主義下の朝鮮伝道』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗松雅休の関連キーワードプロテスタント牧師新教日本基督教団プロテスタンティズムプロテストプロテストソングルーテル派伝道会キリスト教系教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone