コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条尚経 くじょう ひさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条尚経 くじょう-ひさつね

1469*-1530 室町-戦国時代の公卿(くぎょう)。
応仁(おうにん)2年11月25日生まれ。九条政基の長男。明応5年父とともに執事の唐橋在数を殺害し,勅勘処分をうける。のちゆるされ,文亀(ぶんき)元年関白,氏長者となる。永正(えいしょう)3年左大臣,11年従一位。日記「後慈眼院殿記」,有職(ゆうそく)故実の書「後慈眼院尚経公装束抄」をのこす。享禄(きょうろく)3年7月8日死去。63歳。号は後慈眼院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

九条尚経 (くじょうなおつね)

生年月日:1468年11月25日
戦国時代の公卿
1530年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

九条尚経の関連キーワード花山院家輔二条晴良生年月日九条稙通経尋証如

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android