コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈眼院 じげんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慈眼院
じげんいん

大阪府泉佐野市にある真言宗御室派の寺院天平時代の創立。現在は鎌倉時代建立の本堂多宝塔が残る。本堂の建立年次は不明であるが,多宝塔は墨書により文永8 (1271) 年の造営が明らかである。下層の組物は二手先 (ふたてさき) で,四天柱を抜いて下層を堂形式とした多宝塔としては最古の遺構。国宝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

慈眼(じげん)院

大阪府泉佐野市にある寺院。創建は673年。宗派は真言宗御室派、本尊大日如来。国宝の多宝塔は日本三名塔のひとつとされる。金堂は国の重要文化財に指定。

慈眼(じげん)院

沖縄県那覇市にある寺院。1618年創建。宗派は臨済宗妙心寺派、本尊は千手観音菩薩。琉球国王祈願所。「首里観音堂」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

慈眼院の関連キーワード大阪府泉佐野市沖縄県那覇市湯ヶ野温泉熊沢 泰禅九条政基甘雨為霖前田利直九条尚経六窓庵空谷

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android