コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱戦 ランセン

デジタル大辞泉の解説

らん‐せん【乱戦】

敵・味方が入り乱れて戦うこと。乱軍。
スポーツの試合などで、双方が大量点をとってもつれること。「投手が不調で乱戦となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんせん【乱戦】

敵味方が入り乱れて戦うこと。 「立候補者多数で-模様となる」
スポーツの試合などで、多くの得点を取り合う戦い。荒れた試合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乱戦の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽ドラゴンボールZ BATTLE OF Z切り死に・切死に・斬り死に・斬死にスーパーポケモンスクランブル燈明寺畷新田義貞戦没伝説地パトリシア ニール人取橋の合戦ジョー ロスペルシア戦争黒沢清(2)本因坊丈和足利義明武田信玄伊藤鴈助スポーツ夏侯惇三つ巴打勝つ敵味方黒沢清

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱戦の関連情報