混戦(読み)こんせん

精選版 日本国語大辞典 「混戦」の意味・読み・例文・類語

こん‐せん【混戦】

〘名〙 敵味方互いに入り乱れて戦うこと。乱戦
別天地(1903)〈国木田独歩〉下「一大混戦(コンセン)!!」 〔長生殿‐勦寇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「混戦」の意味・読み・例文・類語

こん‐せん【混戦】

敵味方が互いに入り乱れて戦うこと。また、その戦い。「三つどもえの混戦
どちらが勝つか予想できないような戦い。「―模様
[類語]乱戦乱闘接戦熱戦激戦激闘死闘血戦歴戦決戦連戦乱軍奮戦奮闘デッドヒートクロスゲームシーソーゲーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「混戦」の解説

混戦

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1970)。原題《Rat Race》。競馬界を舞台にしたシリーズの第9作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通 「混戦」の読み・字形・画数・意味

【混戦】こんせん

乱戦。

字通「混」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android