乱麻(読み)らんま

精選版 日本国語大辞典「乱麻」の解説

らん‐ま【乱麻】

〘名〙 乱れもつれた。また、世の中や物事の乱れもつれたさまにたとえていう。
※野村和作宛吉田松陰書簡‐安政六年(1859)四月四日「何卒乱麻となれかし」 〔元稹‐感石榴詩〕

みだれ‐お ‥を【乱麻】

〘名〙 乱れた麻糸。もつれた麻糸。
万葉(8C後)一三・三二七二「乱麻の 麻笥(をけ)を無みと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乱麻」の解説

らん‐ま【乱麻】

乱れもつれた麻糸。物事のもつれたさまや乱れた世の中のたとえにも用いられる。「快刀乱麻
「僕の胸中はさながら―のごとくであった」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android