コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳児体操 にゅうじたいそう

2件 の用語解説(乳児体操の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳児体操
にゅうじたいそう

乳児の筋肉の発達や運動能力の増進,新陳代謝などを助長する目的で行われる体操。ドイツで始り,ソ連の集団保育で取上げられて進歩し,日本ではこれらを参考にした「新赤ちゃん体操」がある。生後1ヵ月半頃から徐々に始め,乳児の状態や環境状態が適当な時期,または日光浴や外気浴の際など裸にした機会に行うのが理想的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乳児体操【にゅうじたいそう】

乳児の心身の発育発達を促し,強化するために主として母親の働きかけで行われる体操。一般に運動は物質代謝,骨の形成・発達を促し,脳の活動を活発にする。また体操は腕の運動,はう,すわる,立つ,歩く等の行動の熟練を促し,正しい姿勢をつくり,運動に持久力,正確性,機敏性,巧妙性を増し,心臓,肺臓等の働きを活発にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

乳児体操の関連キーワード摘花摘心幼稚園発情ホルモンメキシコ銀胚体外組織強化アミノ酸乳幼児身体発育調査フリード法則青龍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone