乳児脂漏性皮膚炎(読み)にゅうじしろうせいひふえん(英語表記)Seborrheic Dermatitis of Infants

家庭医学館「乳児脂漏性皮膚炎」の解説

にゅうじしろうせいひふえん【乳児脂漏性皮膚炎 Seborrheic Dermatitis of Infants】

[どんな病気か]
 生後3か月くらいまでの乳児の頭皮(とうひ)や顔にできる、かゆみのない皮膚炎です。
 症状としては、頭皮、おでこ眉毛(まゆげ)などに黄色やうす黄色の脂(あぶら)っぽいかさぶたがつきます。放置しておくとだんだん厚くなり、洗っても落ちないようになります。
[原因]
 皮膚には、皮脂(ひし)という脂肪が分泌(ぶんぴつ)されています。皮膚に生えている毛の根元あたりに皮脂腺(ひしせん)という器官がありますが、男性ホルモンの刺激を受けると皮脂腺の活動がさかんになり、皮脂が分泌されます。生後3か月以降10歳までの子どもは性ホルモンをほとんど分泌しませんが、生後3か月までの乳児は男性ホルモンの分泌がさかんです。皮脂腺は、頭やおでこでよく発達しているため症状がでやすくなります。
[治療]
 白色ワセリンや亜鉛華単軟膏(あえんかたんなんこう)を厚めに塗り、ガーゼなどでおおい、まる1日放置します。軟膏で脂漏がはがれやすくなったところで、翌日、くし)で頭皮からすき上げ、その後シャンプーをします。シャンプー後は尿素配合のローションなどを塗ります。
 予防としては、洗髪や頭皮の洗浄に石けんを使うのはやめ、ベビーシャンプーを使用します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android