コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂漏 シロウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ろう【脂漏】

皮脂腺の分泌が過剰な状態。青春期後に鼻や頭部にみられる油性脂漏と、「ふけ」と一般によぶ乾性脂漏とに大別される。皮脂漏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

脂漏

 顔面皮脂の分泌が亢進した状態.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しろう【脂漏】

皮脂の分泌が過剰な状態。顔面、特に鼻や額に見られる油性脂漏と、被髪頭部に見られる乾性脂漏の二型がある。皮脂漏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脂漏
しろう

皮脂の分泌が過剰な状態をいう症候名で、脂腺(しせん)の機能亢進(こうしん)がおもな原因である。したがって、脂腺の機能が亢進する生後1~2か月と、思春期や更年期に好発する。また、好発部位は被髪頭部と顔面である。脂漏は油性脂漏と乾性脂漏に大別され、ともに慢性に経過し、その経過中に面皰(めんぽう)に始まる尋常性(ざそう)(にきび)をはじめ、脂漏性皮膚炎(湿疹(しっしん)性疾患)や酒(しゅさ)(赤鼻)などをしばしば併発する。なお、脂漏が長く存在すると、頭頂部や前頭部に脱毛をきたすことがあり、脂漏性脱毛症あるいは粃糠(ひこう)性脱毛症とよばれる。[伊崎正勝・伊崎誠一]

油性脂漏

前頭部から頭頂部にかけて軟らかい黄色の脂漏性痂皮(かひ)としてみられ、その部分の毛髪を膠着(こうちゃく)させる。顔面では額や鼻で皮脂の分泌がとくに多く、皮膚は油状の光沢を示す。毛孔の多くは拡大し、加圧すると白い虫状の軟脂を排出する。新生児の顔面には、まゆげや鼻翼およびその周辺に乳痂(にゅうか)としてもみられる。[伊崎正勝・伊崎誠一]

乾性脂漏

被髪頭部に好発し、頭部粃糠疹(しん)(俗称ふけ症)として知られる。乾燥性で、糠(ぬか)様の小さい白色の鱗屑(りんせつ)(いわゆるふけ)として現れる。この鱗屑性変化は、まゆげ、ひげ、頸(けい)部にまで及ぶことがある。自覚的には軽いかゆみを訴えることが多い。通常、思春期以降におこり、しばしば油性脂漏を併発する。[伊崎正勝・伊崎誠一]

治療

油性脂漏の治療は新生児脂漏、乾性脂漏の治療は頭部粃糠疹によってそれぞれ代表される。
 新生児脂漏の重症なものに対しては、亜鉛華軟膏(なんこう)を1日1回厚めに塗布して、翌日食用油あるいはオリーブ油で軽くふき取り、シャンプーする。その後ふたたび軟膏を塗布する。これを繰り返すことにより、脂漏は徐々に除去される。軽症なものに対してはステロイド外用剤を使用しシャンプーを励行するのみでよい。
 頭部粃糠疹に対しては、シャンプーを用いて1日1回洗髪し、ふけが消失したら洗髪の回数を減らしてもよい。通常、洗髪のみでかゆみも消える。全身療法としてビタミンB2やB6を投与する。
 一般的注意としては、新鮮な空気のもとで軽い運動を行い、便通を整え、食物としては脂肪や糖分を避ける。また、飲酒や喫煙を制限し、過労を避ける。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脂漏の関連キーワード体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)老化にともなう皮膚の病気と症状頭部浅在性白癬(しらくも)おもな皮膚病変の俗名と学名メラノーマ(悪性黒色腫)ビタミンB6と代謝異常できもの・いぼ・にきびビタミンB2と代謝異常パウル・G. ウンナ酒(赤ら顔/赤鼻)紅皮症のおもな原因副腎皮質ホルモン剤乳児脂漏性皮膚炎シミ・いぼ・白斑湿疹(皮膚炎)老人性色素斑ピリドキシン脂漏性皮膚炎ビタミンB6日光角化症

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脂漏の関連情報