コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾十郎 いぬい じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾十郎 いぬい-じゅうろう

1827/28-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政10/11年生まれ。森田節斎儒学を,その弟仁庵に医学を,梅田雲浜(うんぴん)に国学をまなぶ。医師となり,大坂ついで郷里の大和(奈良県)五条で開業。文久3年(1863)天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,敗れて元治(げんじ)元年7月20日処刑された。37/38歳。名は嗣竜。字(あざな)は希潜。号は縦竜,世竜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

乾十郎

没年:元治1.7.20(1864.8.21)
生年文政11(1828)
大和(奈良県)五条の医師の子に生まれる。文久3(1863)年8月天誅組挙兵に参加。敗れて多くの尊攘派志士と共に京都六角の獄に送られた。翌年7月禁門の変が起こり,脱獄を恐れた獄吏により平野国臣らと共に殺害された。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

乾十郎の関連キーワード運動家没年尊攘

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android